受験

受験前に必須!体調管理面で気をつけていたコト3選!

受験シーズン!
本番に備える体調管理って?

受験において体調管理は、一番と言っても過言ではないほど重要だ。受験本番に風邪でも引いてしまっては、これまでの努力が最大限に発揮しにくくなってしまうからだ。

そこで今回は、受験前にやっておくべき健康管理法を紹介したい。

TOPIC1:ヨーグルトを食べる/飲むヨーグルトを飲む

「強さ引き出す」ものであったり、現在のヨーグルト市場では健康に付加価値を置いた商品が多くある。実際、インフルエンザ対策として「強さ引き出す」あのヨーグルトは有効というデータも出ているほどだ。ヨーグルトは、冬の期間品切れになっているものも多い。この市場動向から見ても有効と考えている消費者が多いようだ。

私は、もちろん「強さ引き出す」あの商品も飲んだり食べたりしていたが、ヨーグルトならご自身の好きな商品でいいと考える。もしくは、家にあったものをひたすら食べるなど…。とは言いつつ、お腹を壊してしまわない程度に食べよう。1日1ヨーグルトという感じで受験期の相棒として仲良く。

TOPIC2:インフルエンザ予防接種

予防したとしてもインフルエンザにかかる可能性はあるが、リスクが多少でも減るのであればやるべきと、私は考える。私も大学受験の時は予防接種をした。(大学編入生も受験期が冬の場合は行うべきと考える。お茶大は10・11月であったため、私は予防接種しなかったが。)

私は「病院に行く時間さえ勿体無い!」と考えるたちであったが、「その時間を惜しんで予防せずにインフルエンザにかかってしまい、全力が出し切れなかった場合」と、「その時間を使ってある程度予防をしインフルエンザにかからず、全力で受験に臨めた場合」を比較すると、圧倒的に後者の方がこの先にとって有益だと言える。

病院の並んでいる間に、日本史や世界史の勉強をすればいい、単語を見直せばいい、時間の使い方は結局病院のせいではなく、自身の活用が上手かどうかだ。

TOPIC3:マスク着用

私は、冬にマスクするメリットは沢山あると考えている。「風邪の予防」「風邪ひいた時に移さないように」後は単純に、「顔が温かい」「電車で寝る時恥ずかしくない」など…。以外と、後者2つも頷けるのではないか。自転車に乗る時はマフラーとマスクで顔面を守ろう。笑

そしてそして、受験生あるあるにも対処できる!

そのあるあるが、「電車でリスニングをしていて口を一緒に動かしていると変な人に見られる。」こと、ありません?

こんな時、マスクをしていればシャドーイングだって、単語の復習だって、日本史の暗唱だって思いのまま!周囲を気にせずできるはず!

色々なメリットがあるため、ぜひマスクは箱買いをしておこう!

以上が受験での体調管理(マスクのちょっと変わった活用は、本記事の趣旨とはずれていたが…。)3選だ。

受験は、大変の中に「楽しい」という感情を生み出せた者勝ちだ!私は、大学編入が楽しかった。ぜひ、親にヨーグルトに一問問題を書いてもらうなど、ちょっとした息抜きを作りながら乗り越えられるといいと思う。

皆様が本番で全力を出し切ったという気持ちとともに、「合格」の結果が果たせますように。心より祈っております。何かご質問があれば、@imacorocoroのTwitterにお寄せください!


文/福田 伊万里