「imacoro」ロゴに関して

「imacoro」ロゴ
作成の想い

「imacoro」は、LINEスタンプを作成した際に名付けた。(詳細はコチラ→前記事

「imacoro」のページは、私、福田伊万里そのものだ。そのため、自分を表したようなロゴにしたいと考えた。また、ページコンセプトである、「広がる、人生の幅」を伝えたいとも感じた。

「自分」「愛」などを指す「i」は、「カメラ」「目」を表した。「自分の可能性を広げ、自分の視野を広げること」「他者目線で自分を振り返ること」「自分目線で他者を見てみること」「自分目線で自分を再発見してみること」それが、「i」には込められている。

「m」「a」は、「人」と「人」を表している。このサイトも、皆様に見ていただけているから発信している意味を持つ。そして、私の人生、様々な人に支えられてきたから今がある。そんな意味合いを込め、「支え合う人」を表現した。

「ima」と「coro」を分け、「ima」を強調したことにも理由がある。それは、「今」を大切にして何かに取り組むことの大切さを表現している。当たり前のことだとも思うかもしれないが、私自身も意識していなければ見失ってしまうのではないかと感じ、表現したいと考えた。

「coro」に関しては、文字の形も似ていることもあり、タネを蒔くイメージで統一した。「o」から、芽が出始めているように「一歩踏み出せば、自分には見えていても見えていなくても少しずつ成長しているのだ」と、「だからこそ、それを続けることが大切なのだ」という想いを込めて表現した。

この新しいタネを蒔く行為の支え・土台となるのが、自分を見つめる「め」である「ima」となるように、「ima」を下に「coro」を上に配置した。

このような想いを込めたのが「imacoro」のロゴである。そんな想いが体現できるようなサイトにしていきたい。


文/福田 伊万里