TOEIC

Part.1と2の対策に効果的! TOEIC本気講座【第六回:シャドーイング】

TOEICリスニングを
伸ばす方法って?

私は、リーディングよりリスニングの方が短期間で得点アップできると考えています。特に、Part.1と2に関しては頻出ワードがあり、それを抑えれば点数アップは間違いなし!

私のTOEIC対策開始初期の勉強比率!

私は、上記のように、シャドーイングによってリスニングセクションの得点アップをしました。今回は、シャードーイングにオススメのURLをご紹介!

TOEIC700選!で、
シャドーイングマスターになろう

私のオススメは、誰でも視聴できるYOUTUBEのTOEIC700選

私は、これを紹介されるわけでもなく、「TOEIC リスニング」などで検索していたら見つけたという感じなのですが…これは、聞いてみれば分かるのですがとっっっても音声スピードが早いです!

自身の英語力に合わせてリスニング教材を買うのも、もちろん方法としてはいいと思います。しかし正直、TOEIC点数が400の人も800の人も同じものを聞くわけなので同じTOEIC700選で鍛え、個々の吸収力でそれぞれ点数が伸びるのではないかと考えています。

TOEIC700選活用方法!

TOEIC700選の実践的な活用法をお伝えします!まずは、TOEIC700選の特徴をまとめました。

<特徴>

・英語音声→日本語音声の順で一問ごとに流れる
・かなりのハイスピード
・TOEICのリスニングパートであるPart.1〜4の形式と合っている

このような特徴があります。私は特に、Part.1と2の対策に活用して欲しいです。問題数が700問ある中で、抑えておいていただきたいのは、1〜200です。

Part1→1〜70

Part2→71〜200

このように、分かれています。

Part.1も2も、基本的な方法は同じため以下にオススメのTOEIC700選勉強法を紹介します!

<勉強法>

1.自分で1日にやる範囲を決める
2.その範囲の音声と同じスピードで(ついていけなくても)声に出して読む
3.知らなかった表現や単語を自分の単語帳※に書く
4.一問ごとにシャドーイングした回数をノートにまとめる

これらを毎日やり続けることが大切です。一日にやる範囲は、自身のTOEIC対策に充てられる時間の1/4程度で収まる時間分の量で設定しましょう。例えば、一日に二時間TOEIC勉強ができる人は、30分以内で読み込める量に設定。同じ範囲を一日に何回もシャドーイングしても構いません。

自身のTOEIC本番までに、800を目指したい人は三ヶ月で一問に対し100回程度シャドーイングすることを目指してください。600を目指したい人は三ヶ月で一問に対し60回程度目指してください。

ジムの間でも、帰り道歩いている時でも構いません。また、声に出すことが難しい場合は(本当は声に出した方が効果的とは思いますが)口を動かす程度でも構いません。

とにかく一度聴いてみてください!「無理!」って思っても、一週間やってみればちょっと成長が分かるはずです。

また、正の字を書くでもなんでもいいのでシャドーイングした回数を一問ごとに必ずメモっておいてください。三ヶ月で1〜200問がどんな目標の人も50回ずつは読めているといいですね。

そして、分からない表現や頻出単語を発見したら自分の単語帳※にまとめておきましょう!疑問点があれば、imacoroのtwitterアカウント(@imacorocoro)までお気軽にお問い合わせください。


文/福田 伊万里